NTT西日本「フレッツ・光プレミアム」サービス終了迫る!2018年度末予定




2016年6月27日、NTT西日本が「フレッツ・光プレミアム」のサービス終了を発表してから早くも半年が経過しましたが、皆様のご利用環境は大丈夫ですか?

法人様ですと毎日のようにNTTを名乗る代理店から電話が鳴ったりして、「もう聞き飽きたよ!」「また騙されるんじゃないか…」とそのままにしている方も多いかもしれません。

この件について簡単にまとめるので参考にしてください。

フレッツ・光プレミアムとは?

「フレッツ・光プレミアム」はNTT西日本が2005年3月から提供している光インターネットのサービス名称です。2012年4月以降は 新規の申し込み受付を順次終了していました。後継のサービスには「フレッツ光ネクスト」があります。

2012年3月までにフレッツ光の利用を開始していて、その後、特に見直しや変更をしていない場合は本件の対象になっている可能性があります。

提供終了時期は?

NTT西日本は2018年度の第4四半期を目途に、「フレッツ・光プレミアム」のサービス提供を終了するとアナウンスしています。第4四半期ということは1~3月なので、2019年1月~3月頃の終了予定ということになります。この記事を書いている時点でちょうどあと2年後ですね。

終了するとどうなるの?

インターネットが利用できなくなります。

結論、どうしたら良いの?

利用できなくなる前に、早めに後継サービスである「フレッツ 光ネクスト」や、他事業者が提供するサービスに切り替えを行ってください。

余談ですが…

筆者が営業マンであるという特性上、”早めに”という表現に対して、過去に「あなたは営業マンだから、成績のために急かして契約させようとしてるんでしょ!?」という意見があったのでご説明します。

切り替え先のサービスによって差がありますが、工事の手配や提供開始までに時間のかかる事があります。例えば、黄色いパンダでおなじみのCTCが提供するコミュファ光の場合、最大3ヶ月近くかかることもあります(早ければ数週で完了します)。

利用者にとってメリット(安い・サービスが良いなど)が大きかったり、人気のサービスであるほど納期に時間がかかる傾向があります。

また、当然ですがサービス終了時期が近づくほど切り替えの需要が増えるので、問い合わせ多数で施工が追いつかなかったり、トラブルの確率が上がったりということが考えられるので、余裕を持った手続きをオススメしています。そもそも売り込みのためにこの記事を書いているわけではないんですけどね、、。

最後に

「フレッツ・光プレミアム」から「フレッツ 光ネクスト」や、その他事業者のサービスに切り替えることによって、もちろん手間は掛かりますが、普段あまりしない回線の見直しをする機会になります。信頼できる営業マンに確認してもらいましょう。

ちなみにNTT西日本のWEBサイトをはじめ、各所で「『フレッツ 光ネクスト』にすると通信速度最大概ね1Gbps出ますよ」みたいな案内を耳にしますが、一般的な環境ではぶっちゃけそこまでの速度は出ません。「フレッツ 光ネクスト 隼(はやぶさ)」で、何万円もする高級ルーターでも使えば速度は上がるかもしれませんが、専門分野ではないので確信はありません。

※フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ 光ネクストはすべて上り、下りともに100Mbps程度です。フレッツ 光ネクストハイスピードタイプは、下り200Mbps/上り100Mbps程度と言われています。

◆----[この記事の累計閲覧数:1,651]----◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です