フレッツ光コラボにしたらプロバイダー契約は不要!?




近年ではプロバイダー内包型のインターネット接続サービスが増えています。

そのうちのひとつが「フレッツ光コラボ」と呼ばれるもの。

今回はこのプロバイダー内包型インターネット接続サービスについて簡単にご説明します。

プロバイダーとは?

パソコン関係が苦手な方の中には「そもそもプロバイダーってなんだろう?」「今さら聞けない・・・」という方が多いです。

特にスマホでインターネットを使う人が増えてからは、「スマホではプロバイダーなんて必要ないのに、自宅のネットは別で契約が必要なの!?」って方もよくいます。

プロバイダーとはインターネットに接続するためのサービスを提供する事業者のことです。

分かりづらいですね。

簡単に言ってしまえば、ドアキーパーの役割をするサービスです。

フレッツ光などの回線工事が終わったら、このドアキーパー(プロバイダー)に扉を開けてもらわないと、外の世界と行き来(インターネット接続)することができないのです。

つまり、インターネットを利用するには回線契約の他にプロバイダー契約が必須ということです。

プロバイダーは ISP(英語: Internet Service Provider)と表現されることもあります。

実はスマホでもガラケーでもプロバイダー契約をしないとインターネットには接続できないのですが、わざわざそんな説明をする販売員はいません。

携帯電話の大手3社ではドコモの spモードiモード、ソフトバンクの ウェブ使用料(旧:S!ベーシックパック)、auの LTE NET / IS NETEZ WIN がそれにあたります。いずれも月額300円。

プロバイダー契約をしていると、プロバイダーメールと呼ばれるメールアドレスの利用も出来ます。たとえばOCNの場合、@の後ろにocn.ne.jpが付いたメールアドレスを作成することができます。

しかし、プロバイダー内包型インターネット接続サービスを利用している場合は別途、プロバイダー契約をする必要はありません

プロバイダー内包型インターネット接続サービス

プロバイダー契約が不要なインターネットサービスではコミュファ光などが有名ですが、光コラボレーションが始まってからは「フレッツ光コラボ」と呼ばれるサービスを各社が提供しています。

フレッツ光コラボ

通常だとNTTが利用者に直接提供しているレッツ光を、事業者に卸売りし、事業者から利用者に販売するのがフレッツ光コラボ商品(光コラボレーション)です。

コラボレーション事業者はドコモ・ソフトバンク・auといった携帯電話キャリアの他、OCN・フォーバルなどの通信事業者、TOKAIなどのインフラ事業者、さらにはミュージシャンとのコラボなど多種多様です。

利用者にはセット割引や、料金値引き等のメリットがあります。

例)ソフトバンク光の場合、契約者本人とその家族のスマホ料金が2年間割引されます。
参考:おうち割

重要なのはNTTのフレッツ光を卸売りしているという点で、回線自体はフレッツ光そのものなので、回線品質は通常のフレッツ光と変わりません

そして、インターネット契約の中にプロバイダーのサービスが含まれているため、基本的にはプロバイダーは不要になります。

まとめ

基本的には通常のフレッツ光を使い続けるなら、フレッツ光コラボ商品に切り替えた方がお得です。

しかし、注意点もあるのでいくつかご紹介します。

  1. 初期費用が掛かる。更新月の確認は忘れずに
  2. 現状の使い方によっては安くならない場合もある。格安プロバイダー等
  3. プロバイダーメールが使えないものもある。残す場合、メールアドレスの契約料金はかかる
  4. 回線が不安定になる場合がある。ご利用のルーターが原因の場合が多い
  5. NTTを名乗る悪徳業者がいる。→NTT代理店は良いが、NTTと名乗るテレアポは悪徳業者がほとんど。電話だけでの契約完結は特に注意!!

 

しっかり比較して、おトクにインターネットを利用しましょう。

◆----[この記事の累計閲覧数:98]----◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です