【悲報】6秒動画「Vine」サービス終了…悲しみの声が続出




Twitterの動画共有サービス「Vine」が、2017年1月17日で正式にサービスを終了しました。

1動画につき最長6秒間と制限を設けられておりますが、手軽に投稿できることから女子高生などを中心に人気を博しました。

現在は「VineCamera」としてリニューアルされています。

アップデートしたタイミングで過去の投稿動画や いいね が全て消えたことで、以前からの利用者からは嘆きの声が続出しました。

◆----[この記事の累計閲覧数:135]----◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です